スギライト 意味 石言葉

スギライトの意味と色、石言葉など

日本で発見された世界最強のパワーストーン

スギライトは数少ない日本で発見されたパワーストーンの1つで、和名を「杉石」といいます。

 

スギライトは、日本で1944年に発見され、当初は新しい鉱物としては認められてはいませんでした。

 

1977年、この石が新しい鉱物として岩石学者の村上充英氏によって発表され、彼の恩師である杉健一教授の名前にちなんで「スギライト」と命名されました。

 

アメリカでは「スジライト」とも呼ばれ、そのパワーからヒーラーに絶大な人気を誇っています。

 

愛媛県 岩城島で発見され時、スギライトは紫色のものではなくウグイス色でした。

 

その後、南アフリカ共和国でマンガンを含む、紫色のタイプが発見され、現在ではスギライトと言えば紫色というのが一般的となっています。

 

しかし、スギライトは、かなりのカラーバリエーションが存在します。

 

同じ紫でも透明に近いものや、黒色に近いもの、ブルー、ピンクなど、含有物によってさまざまな色を楽しむことができます。

 

 

最強の紫の力

 

スギライトは色が濃いほどそのパワーは強力と言われていますので、石を持ってみて強すぎると感じた人は、薄い色のものを選ぶことをおすすめします。

 

色の濃いスギライトは、外部のマイナスエネルギーをシャットアウトする力が強いといわれています。

 

守りの力が強い濃い色に対して、淡い色の石は、やわらかな癒しのエネルギーが強いものとなります。

 

スギライトの石言葉

 

スギライトの石言葉は、心地よい癒し、守護、順応、浄化、そして献身です。

 

クオリティで選ばれています
FORESTBLUE
  • スギライトの在庫も豊富
  • オーダーメイド、オリジナルブレスにも対応
  • 1ヵ月間無条件返品・交換
  • 宝石クラスの天然石を扱う専門店です